宝塚第一病院

利用途上のナビゲーションケアマップ推進

一方で、予想していたほど進んでいないと指摘しておられるものもあります。それがナビゲーションケアマップです。藤本係長によれば、「紙で運用していたクリティカルパスをシステムに載せたいと考えていたので、リプレイス時にナビゲーションケアマップの説明を受けた際には、これを使えばパスの電子化が可能になるとの期待を持ちました」。しかし、実際にはなかなか運用が進んでいないのが実情だとおっしゃいます。「電子クリティカルパスを量産したいという思いはあるのですが、設定に時間がかかり、多忙な時間を割いての作業になるため、思うようには進んでいないのが課題です。やはり、何らかの対応が必要だろうと思っています」との指摘をされています。

蓄積されたカルテ情報の二次利活用へ

ナビゲーションケアマップの活用と並び、これからの課題として挙げておられるのが、蓄積されつつある電子カルテ情報の二次活用です。「次々と蓄積していくカルテの情報を一定の視点で集計・統計する機能が発揮されるようになれば、医療の質の向上につながるはずです。検査値の統計でもいいし、手術のデータでもいい。あるいはこの薬を使った場合の効果はどうだったのかということでもいい。集計・統計の結果、見えてくるものがあれば、それを次の診療に役立てていけるわけで、それを可能にする統合診療支援システムであって欲しいと思います」と那須院長。DPCによる分析は実施しているものの、医療の質の向上につながる情報の二次活用には課題が残されているようです。

1 2 3