三友堂病院

医師の思考に柔軟に沿う電子カルテ

電子カルテの導入を考えたときに私たちが最も重視した点は「オーダリングシステムではないもの」ということでした。前述したように、医師の思考は創造系です。机上に同時に多数の資料や画像を広げ、さまざまな可能性を検討していく。従来の紙カルテ方式はこうした思考方法に柔軟に沿うように発達してきた、いわば紙カルテの完成形であったのです。これをデジタルに置き換えるのならば、こうした医師の思考方法をそのまま画面上でフォローし、紙カルテの利便性を再現できるものでなければなりません。

しかし当時はまだオーダリングの発想から作られたシステムが多く、複数の資料を同時に見るにはモニターを複数置くか、もしくはひとつのモニターの中で何度もクリックをして画面を切り替える作業を繰り返さなければなりませんでした。

こうしたシステムのあり方は、一つひとつの処置を順に記録する看護師や事務部門の作業にはマッチしますが、医師にとっては思考の中断を意味します。KHIさんはこの点を非常によくご理解いただいており、現場の実情に沿ったシステムの開発を行っていると思います。医師が手書きの図をタブレット端末に手描き入力できる仕組み、看護師の実施記録の見読性を高める工夫、注射箋の印刷機能に至るまで、これまでに非常に多くの機能開発に柔軟に応じて頂きました。さまざまな診療科を持つ急性期、慢性期の総合的な病院にとって非常に利便性の高いシステムを構築していただいています。

高精度の大画面モニターとフリーハンドの図を描けるタブレット端末で、紙カルテの利便性を再現。

1 2 3