代表メッセージ

1990年代、私たちは病院から生まれました。カルテや処方箋は手書きが当たり前の当時、私たちは先駆者としてこれらを電子化し、病院業務の効率化や患者さん中心の医療の実現に向け貢献してきました。しかし医療技術が急激な進歩を遂げている現在、ITが果たすべき役割はさらに大きくなっています。医療とは複雑で未知の存在である、「ひと」の健康をサポートするものです。ITは単なるツールですが、医療分野における活用の可能性は極めて大きいといえます。私たちは常に現場の視点から医療ITの地平を拓き、医療の発展、そして人々の健康に貢献していきます。